日本国内

【五反田】台湾の定番朝ごはん 豆漿(ドウジャン)を日本で食べるなら絶対ここ‼『東京豆漿生活』をご紹介

台湾の朝ご飯文化が凄い‼

異文化に触れていて『この習慣素敵だな』とか、『こういう所、真似したいな♡』
と思った事はありませんか?
台湾に行くと、私はそんな風に思う瞬間が何度もやってくるのですが、
そう思うもののひとつに、台湾の朝ご飯文化があります。

台湾の方は朝から外食をしたり、テイクアウトをしたり、朝からキチンと食べる
方がとっても多いんです。
日本にいたら、朝食はせいぜいスムージー…食べない事もザラなのですが、
Myaakochanは台湾にいる時は絶対に朝ご飯を食べます。
何故なら、台湾の朝ご飯は絶対食べなきゃ損‼
と言い切れるほど、美味しいからです。

それもこれも台湾の朝ご飯文化が根付いていて、出勤や通学前に朝ご飯を外食する人が
大勢いるから‼色んなお店がしのぎを削って、“美味しい”の切磋琢磨をしています‼
その為、朝ご飯の選択肢が沢山あって、朝から美味しいもの責めで嬉しい悲鳴を上げる…
台湾はそんな国なんです♡

Myaako chan
Myaako chan
Myaakochanはホテルの朝食はいつも付けずに朝から町に繰り出すにゃ

豆漿(ドウジャン)って知ってる?

そして、その台湾の朝ご飯文化の代表格と言っていいのが
豆漿(ドウジャン)です‼
豆漿とはいわゆる豆乳の事なのですが、熱々のもの・温かいもの・冷たいものと、
温度が選べたり、甘いものや塩気の効いたものなど味も異なっていたりと、
日本で飲まれている豆乳とは姿も味もかなり違います。
【台湾で食べた鹹豆漿(シェンドウジャン)の写真。上部に写っているのが油條(ヨウティアオ)】

甘い豆漿は甜(ティエン)豆漿といい、砂糖が入っています。
塩味の豆漿は鹹(シェン)豆漿といい、ネギや干しエビザーサイなどのトッピングなどが
のっています。
日本の豆乳よりもサラサラしているのも特徴です。

また、油條(ヨウティアオ)と呼ばれる揚げパンを鹹豆漿に浸して食べるのも
定番です☆

大人気の東京豆漿生活とは?

そんな台湾の定番朝ご飯・豆漿が日本で食べられる大人気のお店があります。
ズバリそれが、『東京豆漿生活』です‼

このお店が斬新なのは、今まであまり取り上げられてこなかった本格的な豆漿を
日本国内で食べられるようにしたところ。そして、台湾の朝ご飯文化をそのまま輸入し
日本でもその文化を取り入れている所です。

その斬新さは雑誌やメディアにも数多く取り上げられ、瞬く間にいつ行っても行列が
絶えない大人気店になりました。
【大通りを一本入った所にお店はあります。人だかりが出来ているので直ぐに分かりますよ】


【店内も壁に沿ってお客さんが長蛇の列を作っています。】

そして実はこのお店、別記事で紹介した東京豆花工房の姉妹店なのです。
豆花も豆漿もベースは美味しい豆乳にあり‼
ということで、両店ともに大人気になっています。

【神田】東京都内で豆花を食べるならここ‼ 東京豆花工房をご紹介豆花って知ってる? 豆花(ドウファ)って知ってますか? 昨今の台湾ブームで豆花の認知度もかなり高くなっていますが、ご説明すると 豆...

東京豆漿生活のメニュー


東京豆漿生活のメニューは以下の通りです。
要の豆乳やフードメニューは店内で朝早くから毎日手作りしています。

【豆漿メニュー】
・豆漿(プレーン豆乳):温・冷 ¥260

・鹹豆漿(豆乳スープ):温のみ ¥450 (人気No.1)

・黒糖豆漿(黒糖豆乳):温・冷 ¥380 甘さが控えめ・普通・甘めから選べます

・胡麻豆漿(ゴマ豆乳):温・冷 ¥380

【フードメニュー】
焼餅(シャオビン/台湾風焼きパン) ¥180

・酥餅(スーピン):

葱肉酥餅 ¥280
蘿蔔酥餅(大根) ¥250
花生餅(ピーナッツ)¥250
韮菜酥餅(ニラ)¥250
紅豆酥餅(あずき)¥250
胡麻酥餅 ¥250

油條(台湾風揚げパン)¥180

・葱蛋(ネギたまご焼き)¥100

おススメは何と言っても鹹豆漿(シェンドウジャン)‼
鹹豆漿は、お酢に干しエビやザーサイを入れ、その上から温かい豆乳をかけて作ります。
トッピングにはネギや揚げパン、辣油等をかけるのですが、その際お酢と豆乳が反応して、
部分的におぼろ豆腐のようになります。
その、お豆腐っぽい箇所と、豆乳そのままの箇所との違いを楽しみながら、干しエビや
ネギ等で味の変化も楽しめて、凄く面白くて美味しい食べ物なんです‼

【酥餅2種と鹹豆漿】

東京豆漿生活の鹹豆漿(シェンドウジャン)は、ベースになる豆乳そのものが美味しくて
優しい味♡ともするとしょっぱくなり過ぎてしまう塩気も強すぎず絶妙なのです‼

鹹豆漿(シェンドウジャン)は、Myaakochanも何度か自宅で作ってみているのですが、この塩加減が何とも難しく、かなりの確率でしょっぱくなり過ぎてしまいます。
また、市販の豆乳とは全然違う、毎朝つくっている出来立てほやほやの豆乳のフレッシュ
さと、その他の具材の絶妙なバランスが、全然違うなと思います‼

待ち時間の目安

大人気店ゆえ大抵は行列になっている東京豆漿生活なのですが、コロナ禍における現在
はそこまで人数がいないようです。

私は、朝ご飯とお昼時のピークを外して前回は10時以降に行ってみたのですが、
行列に並びオーダーから豆漿が出てくるまで約30分位でした。
何時間も待っていた昔のような状況にはないと思いますが、やっぱり混んでいる時は
ある程度の待ち時間は覚悟しなければならないようです。

また、ピークを外そうと、営業開始時間から少し経った時間帯に行くと、どうしても
売り切れてしまっている商品も出て来てしまいます。
どうしても狙っているものがある‼という場合は、営業開始時間の少し前に行った方が
良いと思います(Myaakochanが行った時も、酥餅が何種類か売り切れていました)

※提供がスピーディーなので見た目の行列人数よりは待ち時間が意外と長くない
と感じました(あくまで私の個人的主観ですので、ご参考までに)
【オーダーすると可愛い番号札をくれます。番号が呼ばれたらカウンターまで取りに行って下さいね】

Information

店名 東京豆漿生活(とうきょうどうじゃんせいかつ)
住所 東京都品川区西五反田1-20-3 MKYビル 1F
電話番号 03-6417-0335
営業時間 [月曜~土曜] 8:00~14:00(売り切れ時は閉店)
定休日:日曜日

※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

※イートインスペースあり(コロナウイルス感染拡大防止の為、イ変更になる場合があります。事前にご確認下さい。)

Homepage https://www.instagram.com/tokyomamehana/

まとめ

東京豆漿生活いかがだったでしょうか?
正直、日本国内でこんなにおいしい鹹豆漿が食べられる日が来るとは、
昔は思っても見ませんでした。特にコロナ禍で台湾にすぐに行けない現在、
東京豆漿生活の存在は、隙あらば台湾に行きたい♪Myaakochanにとっては
救世主のようなお店です。

きっと私だけではなく、大勢の台湾ラバーの皆さんが台湾に行けなくてウズウズしていると思いますし、今年台湾に行く予定だった人も、台湾に一度も行ったことのない方も是非
行ってみて下さいね‼

ABOUT ME
Myaako chan
Myaako chan
こんにちは!Myaako chan(みゃーこちゃん)です。 アメリカの大学を卒業後、東京にて会社員をする傍ら、隙あらば台湾に行く生活をしております。このBLOGでは日本と台湾を行き来するMyaakoの雑記BLOGを公開中‼ もっと詳しく見る //Myaako chanのプロフィールはこちら。